HOTEL SMARTの管理画面

ホテル向け業務管理&モバイルチェックインシステム

HOTEL SMART

  • モバイルチェックインが、月額3万円から利用できる!
  • ご利用中の業務管理システム(PMS)をそのまま使える!(※別途お見積り)
  • 宿泊客のリピート客機能(マイページ機能)も搭載!

ホテル向け業務管理&モバイルチェックインシステム「HOTEL SMART」

※ご利用中のPMSをそのまま連携する場合、別途お見積りが発生します。

No.1

700施設導入!

大型ホテルからビジネスホテル、旅館まであらゆる施設で導入。無人ホテルだけでなく、受付フロントの省人化・サポートツールとしても利用されています。

No.1

業界の先駆者!

2016年8月にサービス開始。モバイルチェックインシステムを、もっとも早く開始した企業と言われています。※矢野経済研究所資料「2020 『おもてなしICT」市場の実態と展望」に掲載。

No.1

独自機能!

延泊、ルームグレードアップ、アクティビティ販売、などが可能。マイページをゲストに発行して購入ページを設けます。SNS(LINE)登録も可能。

「HOTEL SMART」とは?

ホテルスマートは、ホテル向け業務管理システム&モバイルチェックインシステムです。

実際の画面

受付の省人化や無人宿泊施設の運営を可能にする最新のシステムです。コロナウイルス対策にも最適のソリューションです。スマホなどのマルチデバイスにも対応しており、非接触でのチェックインを実現できます。

「HOTEL SMART」の特徴

フロント無人化(省人化)機能!

宿泊施設の受付設置へのタブレット端末設置による、受付無人化などができます。月額1万円から利用可能。管理画面で、ゲストのチェックイン状況を一元管理できます。宿泊者台帳の宿泊前取得から、部屋番号・鍵の自動発行、現金・クレカ決済まで可能です。日本語、英語、中国語、韓国語にも対応。コールセンター(オプション)で、24時間本人確認も可能。

ご利用中の業務管理システムをそのまま使える!

当システムでは、ご利用中のPMSとの連携ができます(※連携可否や費用応ご相談)。PMSの変更不要のため、現状のオペレーションのままで、宿泊事業の管理ができます。
連携作業は当社で行います。ご契約者様の現場スタッフへのサポート説明も可能です。

鍵もそのまま利用可。現金・クレカ決済も対応可能!

部屋の鍵も変更不要。当システムの連携するスマートキーボックスを利用します。スマートキーボックスの中に、ルームキー(物理キー・カードキー可能)を保管。チェックイン後に、スマートキーボックスの暗証番号を、タブレット端末に提示します。ゲストは、スマートキーボックスを開けて、ルームキーを取り出します。

お客様に喜ばれる充実の機能ラインナップ

フロントにタブレット端末を置いて、非対面チェックインができるシステムです。宿泊者台帳の事前取得から、部屋番号・鍵の自動発行、現金・クレカ決済まで可能です。

SNS登録機能

SNS登録機能

宿泊客に会員登録してもらい、ポイント付与、他の運営宿泊施設への誘導などを行えます。SNS(LINE等)を利用した集客が可能です。利用の用途(観光やビジネス)や、年齢・性別分布などを集計。宿泊後のアフターフォローや、誕生日・記念日のおめでとうメール、などで稼働率アップに寄与できます。

自社サーバー・保守メンテ不要

自社サーバー・保守メンテ不要

当システムは、クラウド型の業務管理システムとなります。パッケージ型システム(または自社開発システム)と比較してコストが圧倒的に安いです。サーバーや保守メンテナンスを自社で行う必要がありません。そのため、自社システムのメンテナンス費用が削減できます。システム更新・保守メンテナンスを、HOTEL SMART側で対応します。

機能のカスタマイズが可能

機能のカスタマイズが可能

宿泊事業者様のご要望に応じて、機能をカスタマイズ・追加します(別途お見積り)。宿泊施設運営者ごとの個別事情に応じた機能を提案します。開発は、宿泊業界NO.1モバイルチェックインシステム、人材紹介業界NO.1業務システムを企画開発した当社代表が、全面サポートします。カスタマイズを通じて、他社との差別化を測ることができます。

売上アップ機能

売上アップ機能

延泊、ルームグレードアップ、アクティビティ・アメニティー販売、などが可能です。延泊・ルームグレードアップは、OTA手数料が掛からずに対応可能です。アクティビティ販売は、宿泊施設周辺の遊戯・娯楽施設や観光案内ツアー等を、宿泊事業者側で企画し収益を得ます。アメニティ販売は、日用品からレンタルバイクまで、宿泊事業者側で企画し収益を得ます。

収支等項目集計(PMS機能)

収支等項目集計(PMS機能)

各施設・部屋ごとの売上、OTA別予約状況、などを集計。到着予定者一覧表・宿泊稼働状況・宿泊者一覧表・利用明細書一覧表・部屋別売上・経路別実績などが集計されています。今後、国別・国内地域・年齢層別の売上情報を集計できるようにします。部屋ごとに稼働率や客単価、売上の自動で計算できます。月またぎの連泊における宿泊売上も、自動で日割計算して各日に按分します。

清掃自動管理機能

清掃自動管理機能

清掃員の自動清掃割当、清掃員の挙手割当、清掃報告&請求書発行、などがあります。清掃員の挙手割当は、清掃員自らが、スケジュール上で募集している清掃業務に対して、割当希望を出せます。清掃報告書と請求書を紐づけることで、清掃委託費の支払金額を正確に管理できます。1施設に対して、複数の清掃会社(清掃員)に依頼していても、スケジュール確認をすることができます。

月額29800円。(初期費用10万円)今なら、IT導入補助金で実質半年無料!

導入想定先

フロントにタブレット端末を置いて、非対面チェックインができるシステムです。宿泊者台帳の事前取得から、部屋番号・鍵の自動発行、現金・クレカ決済まで可能です。

実際に使用されているイメージ画像
有人受付施設
数百〜数千室のホテル・ビジネスホテル・旅館など、あらゆる宿泊施設で利用できます。客室が多い場合、会員登録案内や会員向けの販促活動が大変です。実際に、星野リゾートやアパホテルなどの主要ホテルでは、会員登録化やSNS登録などにより、リピート率や稼働率を上げています。
無人受付宿泊施設(ホテル・ホステルなど)
無人ホテルでは、配膳や宴会の予約管理が不要です。そのため、宿泊特化型ホテル向けのHOTELSMARTのPMSが合っています。ホステル・民泊などでもで利用できます。日次でのベッド清掃の清掃員の割当が煩雑化。HOTELSMARTの清掃機能を使って、割当を自動化することで、管理コスト削減でます。
ペンション、コテージ、コンドミニアム
タブレット端末を、玄関の外または中に置きます。玄関外に設置する場合、モバイルチェックイン端末を置くための箱を玄関付近の壁に設置しします。その中に端末を置きます。宿泊者(ゲスト)が、箱を開けて、端末を操作してモバイルチェックインします。東京・神奈川・千葉・埼玉であれば、BOX設置工事を承ることができます。

その他機能

フロントにタブレット端末を置いて、非対面チェックインができるシステムです。宿泊者台帳の事前取得から、部屋番号・鍵の自動発行、現金・クレカ決済まで可能です。

スマートロック連携

スマートロック連携

鍵(物理キー)のゲストへの手渡しが不要になります。各ゲストに独自の暗証番号を自動採番して、付与できます。チェックインからチェックアウトまでの時間帯で利用できる暗証番号を、各ゲストに付与。チェックアウト時間が過ぎた段階で、暗証番号が使えなくなります。チェックアウト後に、ゲストは、暗証番号を利用して、開錠出来ない仕組みです。

サイトコントローラー連携

サイトコントローラー連携

宿泊サイトから宿泊者の情報を自動で取得できます。手間いらず、ねっぱん!、Beds24、と連携済みです。売上情報から平均宿泊単価(ADR)、販売数などを各施設、各部屋で確認することができます。サイトコントローラーから宿泊予約が入ってきた時点で、マイページをゲストのメールアドレス宛に送付。宿泊者台帳の記入を促すことができます。

決済機能連携

決済機能連携

事前決済、当日決済の2パターンが可能です。事前決済は、宿泊予約後に、決済用のURLを自動送付することができます。このURLで、最初に宿泊者台帳入力フォームを記入、その後クレジットカードの決済画面が出てきて決済できます。決済サービスのStripeと連携しています。当日決済は、ゲストが宿泊当日に現地に設置しているモバイルチェックイン端末で決済可能。

24時間駆けつけ対応、監視カメラ

24時間駆けつけ対応、監視カメラ

地域により、10分以内の駆けつけ対応が可能です。是非ご相談ください。当社のパートナー企業と連携して、24H駆け付けサービスもしています。東京・大阪・沖縄・北海道・福岡・広島などでご相談可能です。地域によって、駆けつけ要件が異なることがあるため、注意が必要です。制限時間内での駆けつけ方法を、車・自転車・徒歩、など複数あると言われています。※可能エリアは、個別にお問い合わせください。

24時間対応コールセンター

24時間対応コールセンター

テレビ電話を利用した、本人確認業務を請けることができます。ビデオ録画による本人確認も、一部の地域で認められていると聞きます。基本的には本人確認業務のみとなります。ゲストの電話によるお問い合わせ対応は、別途ご相談いただければ幸いです。自社スタッフでの24時間対応が難しい場合は、夜の時間帯だけ、当社が対応することもあります。

宿泊予約 / デイユース予約管理

宿泊予約 / デイユース予約管理

宿泊者台帳入力フォームの送付有無、宿泊中、チェックアウト済みのリストを一元表示。予約は手動登録も可能です。現地での当日予約、電話直接予約を在庫状況を見ながら、登録可能です。チェックイン・チェックアウト・宿泊日、キャンセル予約など様々な項目を検索できます。デイユース(日帰り)予約宿泊を伴わない日帰り利用の予約を登録できます。

事業項目集計表

事業項目集計表

宿泊売上、平均宿泊単価(ADR)、予約ルート別の予約割合などが自動集計されます。売上や稼働率、ADRなどを、日別、月別、期間別で表示できます。部屋タイプ別などの宿泊売上を表示できます。入湯税、宿泊税、消費税なども集計管理できます。部屋タイプや部屋番号を設定できます。

部屋割り

部屋割り

指定日(チェックイン日の90日前から可能)に、各宿泊予約に対して自動的に部屋割りします。部屋割表は、ドラッグ&ドロップで部屋を変更することができます。ドミトリー型施設のような100単位のベッドがある施設では、自動部屋割り機能で部屋割り工数を削減することもできます。

宿泊者台帳取得

宿泊者台帳取得

事前・当日、2つの方法で可能です。事前の場合、宿泊者情報入力フォームを、宿泊の事前に、ゲストのメールアドレスの送付して取得します。各項目(氏名・国籍等)について、必須・任意にするかを自由に選べます当日の場合、モバイルチェックイン端末で、ゲストが直接記入します。クレジットカードによる現地決済機能もあります(Stripeと連携しています)。

物件ごとの個別設定

物件ごとの個別設定

テレビ電話ON・OFF、サポート電話ON・OFF、を選べます。チェックインコード不要機能もあります。チェックアウト日、代表者名(部分一致)、宿泊人数が合っていれば、チェックインタブレットの画面を進めることができます。約款・定期借家契約書も締結できます。チェックボックス・サイン、いずれかの方法で承認を取ることができます。

パスポート取得指導判定機能

パスポート取得指導判定機能

日本人の場合、身分証(運転免許証など)の取得を自動的に不要にできます。宿泊者情報入力フォームで国籍を日本と選択したゲストには、チェックイン端末で身分証の取得が不要となります。

宿泊者情報の事前取得

宿泊者情報の事前取得

宿泊者台帳を、ゲストが宿泊する事前に取得できます。入力フォームの未記入者には、リマインドメールが自動的に飛びます。リマインドメールの送付頻度、送付タイミング、などを指定できます。その他、オプション販売も可能です。延泊、ルームグレードアップ、アクティビティ・アメニティー販売、などが可能です。延泊・ルームグレードアップは、OTA手数料が掛からずに対応可能です。

月額29800円。(初期費用10万円)今なら、IT導入補助金で実質半年無料!